最初になぜメルボルンを選んだか?②

最初になぜメルボルンを選んだか?について書きましたが、追加で②を投稿します。
まずオーストラリアに決めてその後、都市を決めました。
都市をどう決めたかを書いていきます。

オーストラリアで私が知っていたのはシドニーです。行った事もない私が知っているシドニーは
きっと日本人が多いに決まっていると考えまずシドニー以外で考えました。
オーストラリアってどんなとこと思い「地球の歩き方」を買いました。私の旅行の定番です。
旅行じゃないだろと思うかもしれませんが取りあえず購入!重いのでKindleで買えば良かったと後悔しました。あとはネットで調べたり、旅行に行った事がある人にはオーストラリアどうだったか聞きました。短い期間でも生活する都市なので悩みますね。

私の考えを都市ごとにどう考えたか簡単に箇条書きでまとめます。
・シドニー→私でも知っているから却下。
・ブリズベン→住みたいかどうか聞かれたら、ちょっと私には違うと思い却下。
・パース→少し遠いし、自然がありすぎて不安。ワラビーには会いたいですが却下。
・アデレード→日本人が少ないとの事で、すごく良さそうだけどピンとこないので却下。
・ゴールドコースト→海があるしゴールドコーストいいなと思っていました。
          でも勉強しに行くので、私は海に惑わされて自分に負けそうなので却下。
          1ヶ月以内の短期留学とかならゴールドコースト選びました。

こうやって書くと簡単に考えてんなと思うかもしれませんが、情報収集して都市や物価を比較したりして結構考えました。

結果メルボルンにしたのは最初から良いなと思っていたのと、私はファッションやカフェが好きなのと建築も素敵そうだし観光したい場所もメルボルンにあったからです。あとは勉強する環境としても良さそうだなと思ったからです。最初から他と検討しなくてもメルボルンに決めてしまえば良かったんですが、なんせ行ったことがない国なのでリサーチは必要だと思います。大まかにですが都市の特徴を調べておいて今は良かったと思っています。

私が参加した留学エージェントの説明会で都市の話しになった時に、今はメルボルンが一番人気との事で話しがされました。そうか一番なんだシドニーじゃないんだ、ちょっとびっくり。まぁ世界一住みやすい都市だもんね!と思いました。こんな事を言われながら、説明会ではオーストラリアへの進学やワーホリ、語学留学を検討している人が集まっていましたが皆んな希望都市はバラけていましたので真相の程は分かりません。
こんな感じで都市が決まりましたが、語学学校選びは更に悩みました。こちらについてはいつか書きたいと思います。強い決断力が必要だと感じる日々です。

なぜメルボルンを選んだか?

メルボルンを選んだ理由ですが、これはどうしてもオーストラリアのメルボルンがいい!という理由ではなく、
語学留学をするという目的を決めて結果メルボルンにすると決めました。もちろん絶対に行きたい国や都市があって行くのが気合も入りますし、一番いいと思いますが私の場合は違いました。

もともと昨年語学留学を考えている時に、オーストラリアのワーキングホリデーの年齢制限が35歳まで上がる的なニュースが発表されました。その時私はもしワーホリの年齢制限が上がったらワーホリのビザで行こうと決め、ワーホリの年齢制限が年明けの時点で上がらなかったらオーストラリアは学生ビザでもコース期間中は2週間で40時間までの仕事も出来るし学生ビザで行こうと決めていました。なのでビザの種類に惑わされる必要がなかった事もありオーストラリアにしようと考えられました。また今では学生ビザで行く事については、勉強に集中出来るとポジティブに考えています。

実はオーストラリアには一度も行った事はなく、今現在はメルボルンを調べてるうちにメルボルンに住むの楽しみだなと思っています。20代の時の私ならアメリカならニューヨークとか、イギリスならロンドンとかの都市に行きたがったと思いますが、今は30歳を過ぎ価値観に少し変化がありオーストラリアは自然もあって海もあるし、住んでいて気持ちに余裕を持てそうだと思いました。メルボルンはそんなに田舎じゃないからそんな事ないかもしれませんが…。

私が説明会を聞きに伺ったエージェントさんも年齢制限についての質問が多いと言っておりました。残念ながら今現在も年齢制限は変わっていませんので、近いうちにいいニュースが聞けると良いですね!